クラブからのお知らせ|郡山の富田ストリートサッカークラブでは気軽にサッカーを楽しめます。

サッカークラブ

クラブからのお知らせ

クラブの最新情報です

FCブルッハ・ジュニアーズ

リフティング徹底強化

リフティング結果
✪最新情報
令和4年4月29日現在

リフティング目標回数
@インステップキック100回
A太もも100回
B
インサイドキック100回
Cヘディング30回

🌟目指せ!ファンタスティック 4

目標回数達成者
🌟歴代ファンタスティック4達成者
@S・かずと(令和3年・6年生で達成)
AI・はるま (令和4年・5年生で達成)


●6年生
☆ I・はるま
🌟ファンタスティック4達成
@インステップキック100回
A太もも100回 
Bインサイドキック100回
Cヘディング30回
●アラウンドザワールド(内・外)
●クロスリール
●クロスオーバー




☆ H・るあ
@インステップ100回
A太もも100回


☆ M・そうた
@インステップキック100回
A太もも100回

☆ H・はると
@インステップ100回

●5年生
☆ S・かいゆう
@インステップキック100回
A太もも100回
Bインサイドキック100回
🌟4/22(金)達成


※目標回数達成者の方には
プレゼントがあります。



※リフティングは、試合の結果やフットサル・サッカーの上手さとは必ずしも直結しませんが、
あらゆるリフティングができることにより
リズム感やバランス、フットワーク、ステップ・体幹強化、ボールタッチが養えるなど
フットサル・サッカー選手に欠かせない要素がたくさんあります。




22年度チャレンジ企画
🌟フリースタイルフットボールの技
〜ブルッハからのチャレンジメニュー〜

●ネックキャッチ 
●クロスリール 
●アラウンドザワールド 
(イン・アウト)
●ピクシー 
●ミラージュ 
●レッグオーバー 
●オケクラ 
●カリオカ 
●クロスオーバー
●クリッパーストロール
●ニールクラッチ
●レベルフットクラッチ
●チェストロール
●ストッピー



🌟楽しむのが一番。
サッカーボールで遊んで
ボールコントロールのスキルを身に着けてほしいです。

自主

🌟FCブルッハ・ジュニアーズ
新規参加者募集
2022年度の活動

新規参加者募集
【対象者】
🌟2年生〜5年生

◎上手くなりたい人
◎サッカーが大好きな人
◎やる気がある人
















FCブルッハ・ジュニアーズ 22年度の活動です
(小学生の部)
FCブルッハ・ジュニアーズの活動は
2022年の4月で9年目活動を迎えます。


サッカーが上手な選手を育てることもそうですが、
創立当初からのミッションである
サッカーを通じて”謙虚”な気持ち
”努力の大切さ”を伝えていきたいです。

サッカーの上達においては、
FCブルッハ・ジュニアーズでは
以下の3点に力を入れて活動していきたいと思います。
●リフティング(ボールタッチ)
●テクニック(フェイント・キープ力)
●ドリブル
@抜くドリブル(レガテ)
A運ぶドリブル(コンドゥクシオン)















サッカーミュージアム

第100回 全国高校サッカー選手権大会
準決勝(国立競技場)
〜観戦日記〜
令和4年1月8(土)に高校サッカー選手権大会の準決勝を観戦してきました。
コロナ禍の中ではありますが、年末のチケット販売時にはまだ感染者が激増したいなかったこともあり感染防止徹底を心がけて行きました。
ひとりだけの行動で徹底して蜜を避け、
新幹線以外は都内の電車には一切乗らず、
徒歩で上野駅から新国立競技場に向かうのに片道約3時間の行動となりました。

準決勝第一試合の
大津高校(熊本)VS関東第一(東京)
の試合は、関東第一高校が
辞退してしまいとても残念です。
監督やスタッフの方も判断も考えると
断腸の思いだったと思います。

私も関東第一VS大津
の試合を見れなくてとても残念でしたが、
私も気持ち切り替え、
国立競技場というゴールまで歩きました。

国立に向かう途中で
【日本サッカーミュージアム】があったので、
サッカー観戦まで時間もありましたので入館して見学してきました。
日本サッカー(Jリーグ)の歴史が知れますし、
とても懐かしかったです。

カズ・ラモス・キーちゃん
うあっつ!アルシンド、シジマール、
なつかし〜

入場料550円
JFAサッカー指導者ライセンス持っている方は
100円引きでした。









ひで

さ

かっぷ

レアル

ばるさ

かみ

国立

8年ぶりの新国立競技場での
🌟全国高校サッカー選手権
〜準決勝〜
新国立競技場は
以前の国立競技場のイメージと異なりましたが、
見やすくて素晴らしいスタジアムです。

初めて国立競技場にサッカーを観戦したのは、
何十年も前の話にさかのぼりますが、
高校サッカー選手権大会ベスト4で
帝京(東京)VS市立船橋(千葉)
国見(長崎)VS四日市中央(三重)
を観戦しました。
高校サッカー選手権大会を始めて観たのが
サッカーを始めて間もない頃で、
自分もいつか国立でサッカーをしたい思いが強くなり練習に励んだのを思い出します。
高校サッカー選手権大会ならではのブラスバンドの応援がカッコ良く、
特に名門の帝京高校に憧れました。

このコロナ禍での開催で
前年に引き続き応援は一切ありませんでしたが、
サッカーが観れただけでも良かったですし、
改めて国立は高校サッカー選手権の聖地だと感じました。


正直なところは
どのチームを応援しているというのはなく、
良い試合を見たいだけで観戦しに行きました。

その中でも最も多く試合を見てみたいと思うチームは、
静岡学園でした。
ベスト8で敗退してしまいましたが、
ドリブル・パスワークなど
チーム全員のレベルが高くて、
個人技を主体としたサッカーを見たかった気持ちはありましたし、高いチケット代を払ってでも生で観戦したかったです。
サッカーにはそれぞれ嗜好もあり、
チームにはそれぞれのサッカースタイルがあるうえで、
あくまでも私としては、
静岡学園のような徹底した個人技のスタイルや
帝京長岡のパスサッカーがとても魅力的でしたが、国立を前に敗退してしまい残念です。

とは言え、青森山田のサッカーも好きで、
青森山田の全選手の技術の高さと個人技の高さに加え、
鍛え抜かれたフィジカルに
球際の強さや、チームプレーに徹したまとまり
ゲームコントロールの巧みさ、
試合中全員が声を掛け合いなどみて、
日頃の努力の凄さやさっかーに対する意識の高さがわかりました。
高川学園も頑張っていましたが、
青森山田の迫力と場慣れに
圧倒された感じでしたが、
観戦することができて本当に満足でした。
両チームとも素晴らしかったです。

ここまで来るのにはいろいろ努力してきたと思いますし、勝っても負けてもたくさんの苦労もあったと思いますが、夢を追って努力している人は
輝いて見えました。



青森

高川

空

こく

つばさ

🌟ジュニア世代だからこそ楽しみながら個人技
FCブルッハ・ジュニアーズの活動はフットサル・サッカー技術向上のための練習会になりますが、コンセプトとしては
室内体育館で行う
”ストリートサッカー”です。
参加者の自由な発想を尊重し、どんな技で相手を抜くか、どんなフェイントで相手をいなすか、どうやってシュートを決めるかなど、
遊び心とハングリー精神、ポジティブ思考をもってチャレンジする活動です。



◎世界のテクニシャンのような華麗なプレーを観たいしやってみたい
メッシ・ネイマール・イニエスタ・シャビ・ロナウジーニョ・ブスケッツ・リケルメ・ジダン・ペドリ・中村俊輔選手、小野伸二選手、香川真司選手、遠藤保仁選手・三苫選手など、
後にも先にもたくさんの超絶ファンタスティックなプレーヤーで観客を魅了するプレーヤーがいます。
ジュニア世代から
自分の憧れる選手を見つけ
たくさんボールに触れて
楽しんで上手くなってほしいです

皆さんの所属先のチームで
試合に負けることは本当に悔しいことですが、
チーム事情により、どうしても勝利に恵まれないという環境は必ずあると思いますが、
悔しさこそが成功の糧となるので
参加者の皆さんが輝けるよう
しっかり下地をつくっていきたいと思って
活動しております。
上達に近道なし、
日々努力と練習で個人スキルを徹底的に磨いていきましょう。












募集

埼スタ

令和2年1月

サッカーブログです
高校サッカー準決勝
〜観戦記〜
〜個サルin浅草〜
高校サッカー選手権大会準決勝
(埼玉サッカースタジアム)
@青森山田VS帝京長岡
A静岡学園VS矢板中央
2試合観戦してきました。

年始早々にひとり旅なんてと思われますが、
年末年始は仕事の都合で
新年をまたいでの8日間出勤で
心と体のリフレッシュも兼ねて
好きなサッカーを観戦してきました。
目標があるからつらいことが頑張れる
そう言って家の承諾を得ていきました。

この日のために年末年始頑張って
おこづかいも残しての一人サッカーツアーでしたが高が知れた旅行です。

行きは郡山駅前から高速バスで
浦和美園駅前までバスで行きました。
約3時間半くらいですが、バスを降りると
埼玉スタジアムはすぐそばで
準決勝を観に行く人がたくさんいました。

昨年の選手権大会決勝戦も観戦しましたが、
自由席の最上階であまり見れず後悔したので、今年は良い席でサッカーを観ようと指定席での観戦です。


















ていきょう

高校サッカー準決勝
観戦記A
私が観戦していた席の隣の列は。
1試合目・青森山田
2試合目・静岡学園の応援団の席で、
応援風景や応援歌など
各チームのカラーが出ていました。

試合に出たくても出れない、本当は出たいはずなのに試合に出ていない部員がチームを
一生懸命に応援している姿は本当に素晴らしいと感じました。

一つのプレーがしっかり見れて
高校サッカー感を肌で感じられる席で観戦できたのは良かったです。
このハイレベルの2試合なら、
2試合(約4時間)とは言わず
まだまだずっと試合を観ていたかった・・

静学

高校サッカー準決勝
観戦記B
第1試合
青森山田VS帝京長岡は
両高が好きなサッカーをするので
どちらを応援するわけではなく、
良い試合が見れることにワクワクしていました。

フィジカルと力とタレントの青森山田と
タレントと個人技の帝京長岡で、
特に帝京長岡のバイタルエリアでのドリブルや
両サイドからのドリブルやショートパスの崩しは
とても魅力的でした。


第2試合
静岡学園VS矢板中央は
静岡学園の圧倒するパスワーク、
個人技が全員高く、
体はそんなに大きくなくても
玉際も強く
ブラジル・南米サッカーを見ているようで
サッカーの楽しさを教えてもらった感じでした。

矢板中央もチームカラーの
カウンター攻撃と守備が鉄壁で
チームが徹底していて
とても素晴らしいチームでした。

個人的な感想ではありましたが、
素晴らしい2試合を観れたのは
最高でした。











個サル

in浅草
個人フットサル参加
〜オーバー35〜
【どこに行こうがさっかーがしたい♪♬】
浅草ROX
〜個サル参加〜
(オーバー35)
どの地域もサッカーやフットサルが好きな人がいて、
知らない人が集まり、ボール一つで繋がるのは
いくつになっても楽しいです。









さか

しょう

【どこに行ってもサッカーがしたい】

個サル(個人参加型フットサル)
in藤沢
感想記


令和元年
10月の後半でしたが、神奈川県藤沢市にある
フットサル場で、個人参加型のフットサルをしてきました。
エンジョイ志向の希望参加者が応募して、毎週行われているようですが、私が参加したときは18名参加しました。
フットサルウエアの半そで半パンのみ持参で
フットサルシューズはレンタルして
活動後はシャワー室もある、とても便利な駅ビル屋上のフットサル場でした。

藤沢

サッカーブログ
この個サル参加は、私のプライベートサッカーライフの一環として参加してきましたが、
誰も知らない人とフットサルするワクワク感を感じることと、地域のサッカーシーンを肌で感じるのに十分でした。

フットサルに参加するにあたり、受付で注意事項と約束事を確認しましたが、
ルールとしては、
@人に文句を言わないA指示をしないB自分勝手にボールを持ちすぎないC攻めばかりではなく守りもしっかりするD参加者みんなで楽しむ
みたいなルールをもとに参加してきました。

参加者のウォーミングアップを見ても
テクニックを披露している人などいましたし、
良いボールタッチをしている人もいました。
試合するまではわくわくドキドキでした。
学生時代に全く知らないチームと対戦する前に
相手が見た目で強そう、上手そうに見えて
ひるむ事がありましたが、そんな懐かしい感じがしました。
参加者の見た目では40代は私を含め3人くらいで、あとは20代、30代がほとんどでした。

ゲームが始まり、参加者はさぐりさぐりでやっていましたが、慣れてきたら本来のスポーツの楽しみである点が入ったら声をかけたり、アシストした人に手をあげたり
とても和やかにフットサルを楽しむことができました。

知らない人でもボール一つでつながって、
参加者が自分の距離感で参加できる
”個サル”は富田ストリートサッカークラブの理想でもあります。

例えですが、週に一回ジムに通う感覚と似ていますが、ジム通いと違う点は一人ではなくサッカー仲間との共感できるところに醍醐味があると私はおもいます。
富田ストリートの参加者皆さんが会話したり飲みにいったい仲良しじゃなくていいんです。
皆さんの距離感を一番大切にして
活動の趣旨を理解して
ゲームが始まったときだけでも
ボール一つでつながる楽しい環境をこれからも追及していきたいと思います。


鎌倉

ひとり旅


サザン

江ノ電

sima

umi

ベガルタ

J1 ベガルタ仙台 VS FC東京観戦記@
6/23(日)J1 ベガルタ仙台 VS FC東京
の試合を観戦してきました。

待ちに待ったJリーグ観戦は約3年半ぶりとなり
久しぶりのワクワク感は学生時代の修学旅行を思い出しました。
ゴールデンウイークはほぼ仕事の毎日でしたので、仕事の休日で連休を取り、仙台1泊2日の一人旅に出ました。

まだ子供が小さかった頃
週末に休みが取れた時などは
子供の試合を観に行って、チーム関係者や保護者さんと一緒になって、みんなで子供たちを応援したりして、それが一番楽しかったです。

子供らが成長するのは喜ばしいですが、
大きくなってしまうとその楽しみがなくなってしまい
正直、今後寂しく感じる親は多いかと思います。
応援できるときに子供の成長を見て、
一緒になってサッカーに夢中になることは良い思い出になりますね。

それじゃ今では、
休みがあっても子供らが小さかったころのように
サッカーの試合を観に行ったりすることもなくなってしまい、
中学・高校生くらいになると
家族みんなが集まって出かけることも
ほぼ無くなってしまいます。


私が『一人旅サッカー観戦で仙台に行ってきます!』といっても
家族は
『どうぞ楽しんできてね!』で終わりです。

一人行動はかなり好きなので、ありがたいですが・・

・・ということで仙台に行ってきました。










べが

Jリーグ観戦
仙台には単身赴任で住んでいたことがありましたが、
仕事ではとことんつらい思いでしかありません。
仙台勤務になり、たまに郡山に帰ってきて
子供たちがまだ小さく
また仙台に戻らなくてはいけないときは
本当につらいものがありました。

時を経て、今回はあくまでも
みちのく一人旅でしたので、
一か月も前からこのJリーグのカードを楽しみにしていたので気分は最高でした。

正直なところ一番の目的は、久保建英選手のプレーを生で観たくてのJリーグ観戦計画でしたが、目的の久保選手は18歳にして日本代表に選出され、コパアメリカに出場してしまい
残念ながら生でプレーを見ることができませんでした。
レアルマドリードに移籍してしまう前に、一度は見ておきた勝ったのですが、致し方ないです。

東北にはベガルタ仙台がJ1で戦ってくれているの
ベガルタ仙台がJ1にいなかったら、まず東北では
J1の試合が観戦できないと思うと
東北人としてベガルタ仙台を応援するのは当たり前です。ベガルタ仙台のおかげです。

激熱

ベガルタ仙台
10年以上も前ですが仙台に住んでいた時に
J2時のベガルタ仙台の試合を
このユアスタで一度見たことがありました。
仕事後に職場の同僚に連れられ6人ほどで
観戦しに行きましたが、私以外みんな黄色いユニフォームに着替えてました。

ベガルタの試合を見に行くとなった途端に、
目の輝きが全然ちがう。

そんな10年前の過去の思い出でしたが

今回は一人観戦、そして
にわかベガルタ仙台ファンに思われてしまいますが、首位を走るFC東京相手に気迫のこもった試合は見ていて興奮しました。

ベガルタのユニフォームを買って着て応援したかったですが、財布の事情もあり替えませんでした


残念なことに、福島にはJ1のチームは存在しない現実を考えると、
やはり東北人としては、この福島県からでも
ベガルタ仙台の中心になる選手が生まれてほしいと心から思いました。
福島県が生んだ
ベガルタの中盤の核・エースストライカー・ディフェンスの核となる選手がでてきたら、
とても嬉しいことです。

ベガルタは仙台にあっても
同じ東北人として
ベガルタを応援しに行けるような環境があれば
もっとJリーグを楽しめると思いました。

誰か一人でも純福島産の選手が
ベガルタ仙台で活躍する選手が生まれて
その選手に憧れをもち、それに続いてプロサッカー選手を本気で目指す選手も増えてほしいと思います。

日曜日の夜7時からの試合でしたが、
仙台ユアスタはサッカーで”激熱”でした。


ユアスタ

ユアテックスタジアム

ロフト

東京サッカーシーン日記
お墓参りに家族で東京杉並区に来たついでに、一人抜け出し吉祥寺に。

都会のオアシスで一人花見をした後、
夜も更けてきたので、吉祥寺の繁華街にあるロフトの屋上にある
フットサルサイトのコートを覗いてきました。

夜な夜なフットサルをしに、かなりの参加人数が集まっていましたが、どんなフットサルを繰り広げられるかと見物者の私はワクワクしていました。
私自身も、とりあえずフットサルができる準備は
心も体もできていました。
あーあ、フットサルしたいな〜

『もしよかったら一緒にフットサルしませんか❔』
みたいな言葉を待っていましたが
一向にありませんでした。
当たり前ですね。
 ただの変質者に思われたかもです。

未だ見ぬ、驚愕のフットサルテクニシャンとフットサルをしてみてみたい気持ちもありますし、
何よりも各地域のストリートサッカーシーンやアンダーグランド的サッカー・フットサルシーン的な盛り上がりを肌で感じたくての見学でした。

ボールがあれば、知らない人でもつながるのが
”サッカーやフットサル”の魅力ですね。

男女、たくさんいましたがフットサルをしている時は楽しそうにうつりました。


日記

東京サッカーシーン日記
正直感じることは、福島と東京とではJ1チームがあるか無いかの環境はありますが、サッカーシーンではどの地域に住んでいてもサッカーへの熱意は変わらないのかも知れません。

私は郡山が好きだから感じましたが、
やはり身近な環境や自分の住んでいる地域にJ1チームがあるのと無いとでは、
大きな違いや差ができると思いました。

好きなチームを年間通して応援したり、
好きなサッカー選手を生観戦できるのは
悔しいですが、それだけでサッカー文化が違いすぎると思います。

ブラジルが強くて優れた選手がたくさん出てくるのは、サッカー文化があるからだと思います。

文化とはいかなくても、
サッカーを通じて体を動かしたり
勉強や仕事以外に打ち込む趣味というものを
この地域やクラブでは根付いていければと思っております。

☆バルサに移籍するかもしれない久保選手のプレーやワールドクラスのイニエスタ選手のプレーは
ぜひ是非、生観戦で見たいなと思います。

クラブ員で観戦したい人が集まって
サッカー観戦・アウェーのフットサル大会に出場するなどの
”サッカー三昧ツアー”などがあれば楽しみですね。

〜以上、中身の薄いサッカー日記でした

oomae

埼玉サッカースタジアム
大宮アルディージャ練習
〜観戦記〜@

プロ選手の練習見学、クラブハウスの見学。
プロサッカー選手に憧れる!!

大前

埼玉サッカースタジアム
大宮アルディージャ練習
〜観戦記〜A
高校サッカー選手権大会決勝戦まで時間があったため、
大宮アルディージャの練習を見学。
全体練習が終わり各自自主練習を始めていましたが、やはりプロの選手は体つきも違うし
当たり前ですが、すべてのボールタッチが上手すぎました。

クラブハウスやサッカー練習場のふいんきを味わえて、
一人のサッカーファンとして
それが見れただけでも、大宮まできて救われました。 

郡山にもJリーグチームがあれば・・

今度はぜひ、大宮に試合見にいきたいです。

☆私にもサインとユニフォームください!

スタジアム

高校サッカー選手権大会決勝戦
〜観戦記〜
今日の決勝戦を見に行く人数の多さをみても、
改めて日本のサッカー、高校サッカー選手権大会の注目度を感じました。

埼玉サッカースタジアムがある
浦和美園駅はもちろん、途中電車の中も
ほぼサッカーを見に行く人たちでごった返し。

Jリーグの試合とはまたちょっと違う空気。

けっしょう

高校サッカー選手権大会
〜観戦記〜C
来場者数5万4194人。
国立競技場での決勝戦とは違い
交通アクセスがあまり良くない
埼玉サッカースタジアムに
これだけのサッカーファンが集まる
高校サッカー選手権大会決勝は
日本のサッカー文化だと改めて感じました。

決勝戦 
 青森山田×流経大柏

自由席で最上階に近かったのですが、
タレント揃いの青森山田のパスサッカーもしっかり見れて、素晴らしい決勝戦でした。

サッカー三昧の弾丸ツアーでしたが
地元郡山に戻り
サッカーを楽しみたいと思います。
人それぞれステージは違いますが、
それぞれが自分のステージで輝けるよう
私も含め、日々頑張りましょう。

これから夢がある学生諸君
誰か〜私たちをこの最高の舞台に
招待してくださ〜い!!










PageTop